京都にあるクリニックで薄毛治療の処方を受けました

迫る若ハゲにおびえる日々

京都 薄毛治療岡田佳子医院

私は学生時代からの悩みは、頭髪が薄いことでした。
自分が周囲の友人たちと比べて毛が薄いと気付いてしまったのは、高校2年生の体育の時間でした。
その日は水泳の授業があり、授業が終わって教室で着替えている時に何気なく言われたクラスメートの言葉に衝撃を受けました。
そのクラスメートは私の頭頂部を指さして、薄くなっていると言いました。
周りのクラスメートたちはその言葉に反応して、本当に薄くなっていると騒ぎになりました。
まさかそのような指摘を受けるとは思っておらず、その時は私は呆然としてしまったのですが、後になってその時のことを振り返ると、恥ずかしくてたまらない気持ちになってしまうのです。
今でもその気持ちは消えず、指摘したクラスメートに悪気はなかったことはよくわかるのですが、胸が痛くなるような思い出として残っているのです。
大学へと進むと、毛の薄さはさらに気になるようになっていきました。
人に毛のことを指摘されないように、長さを伸ばしてなるべく量が多く見えるように工夫していました。

迫る若ハゲにおびえる日々心を許せるクリニックとは出会いに感謝